head_img_slim
HOME > マタニティページ

マタニティページ

妊娠中の身体について

point01 妊娠中は、関節や靭帯を緩めるホルモンが出ますが、それを支えている筋肉には影響をおよぼさないのです。
なので、緩んだ骨盤を筋肉だけで支えなければならなくなります。

身体の使い方が上手にでき、柔軟性のある筋肉なら問題ないのです。
しかし、いわゆる現代生活をしていると、筋肉が硬くなり、関節が緩むことで動かされ、位置が変わったり、引っ張られたりして、筋肉に負担がかかります。
そして、子宮が大きくなり、重みがかかると、ますます筋肉にかかる負担が増えます。
そうなると、組織に流れる血液の流れが滞りやすくなり、筋肉が緊張しっぱなしで筋肉が疲れてしまいます。

関節を筋肉で支えられないと子宮や、赤ちゃんを支えきれなくなります。早産や、お産の時の難産を回避するためにも、知識を持ったり身体をよい状態にするための方法を知っておくことは、今の時代は特に大切ですね。

このような、硬い筋肉のまんまの状態で急に運動をしたら、筋肉は更に疲労してしまい、筋肉痛に。この常態で分娩にいたると、子宮の筋肉にエネルギーを使うべきときに、全身の筋肉がすでに疲れてしまった状態となり、分娩に影響してしまう可能性があります。

妊娠中の方は、妊娠経過をよくしていくためと、安産にむけて、産後の身体の準備に向けて、ガスケアプローチのように、丁寧にアプローチしていく必要があります。


 

マタニティ整体について

point01 妊娠すると、様々不快症状があらわれやすくなりますが、なかなか理解してもらえなくて、我慢する妊婦さんがとても多くみられます。

当サロンでは、妊娠中に起こりやすい痛みやコリなどに対応させていただきます。
痛みの改善だけでなく、おからだの状態をみさせていただき、個々に合うアプローチ方法でお産までみさせていただきます。
ご主人と一緒に来ていただきましたら、ご主人にもパパマッサージを軽くお伝えさせていただきます。その方法は分娩時の陣痛の痛みも和らげてくれたとたくさんお声をいただいています。

妊娠中から、お産に適した、自信をもって安産を目指せるからだに方向づけてあげることは、安心材料になると考えられます。

マタニティ整体は、ただ筋肉を押しているだけではありません。妊娠に適した骨格、お産に適した骨格を目指すことを視野にいれながらのアプローチです。

MORACTやガスケアプローチと合わせることで、十分な効果に繋げるよう心がけています。


【マタニティ整体こんな人におすすめ】

icon_check 疲れやすい

icon_check からだに痛みがある

icon_check イライラしやすくなった

icon_check 冷えやすい

icon_check 前回のお産がなかなかうまく進んでくれなかった

icon_check 経産婦さんで、上の子の抱っこをたくさんしてきた

icon_check 授乳するときに、腕や肩、首、背中、腰、頭に痛みや張りを感じた事がある

icon_check 安産を目指したい


 

バ―スセラピーについて

point01 肌に直接触れることで、トラブルの元になる筋肉のこわばりや、リンパの滞りを見つけやすくなり、直接的にアプローチすることができます。
症状がきつい人はこちらは変化が早い可能性が高いです。

筋肉のコリや痛み、トラブルの緩和、関節の動きを良くして動きやすい身体を目指します。分娩時の骨盤の動きを良くして赤ちゃんが通りやすい状態を準備しておく目的で行います。

リンパに関しては、浮腫の改善、代謝、免疫力アップを目指します。
便秘や冷えを解消させたり、美肌やリラクゼーション目的でもあります。


【バ―スセラピーこんな人におすすめ】

icon_check 確実にリラックスしたい

icon_check 自律神経の乱れを感じる

icon_check むくみやすい

icon_check 夜熟睡できない

icon_check スマホやパソコンをしている時間が長い

icon_check 予定日過ぎてもなかなか陣痛が来ない/span>

icon_check 予定日近くなり、お腹のはりはないのに、腰ばかりが痛い人

icon_check 産後の身体の疲れが強くて、しっかり流れを良くしたい人


 

妊娠中の禁忌事項について

妊娠中の方は、以下のような項目に当てはまる場合、施術やエクササイズを受けることができません。

icon_check 妊娠16週を越えていますか?

icon_check 妊娠経過に問題はないですか?

icon_check 切迫早産や高血圧のお薬など処方されていませんか?

icon_check お医者さんから安静の指示は出ていませんか?

母子手帳の確認をさせていただきますのでご持参くださいね。

 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号090-6737-3232 icon
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る